LiveHawaii.jpはハワイの旬の話題をお届けします。
            観光、レストラン、ショッピング、不動産情報など
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
4月の観光客数も順調に増加
 
ハワイ 観光客数


ハワイのオフシーズンである4月の観光客数、消費額はともに増加を記録した。
観光客数は669,959人と、前年度月比3.1%の増加。
最大の国外マーケットである日本からは、100,243人と6.5%の増加を記録した。

今年に入っての4ヶ月で観光客数は前年同期間と比べて6.1%の増加、
消費額は6.3%増加し、50億ドルとなっている。

Star Advertiser誌5月30日の記事より抜粋


ari


倒産件数、25ヶ月連続減少

ハワイ 倒産件数


ハワイ州住民、及びビジネスにおける破産申請件数が、
この4月で25ヶ月連続の減少となった。 

4月の合計申請件数は、264件で前年同月比で19%の減少。
ピーク時の2010年月平均倒産件数は330件だった。

Star Advertiser誌5月1日の記事より抜粋


ari

観光客増加中!
 観光 ハワイ
JAMM AQUINO / JAQUINO@STARADVERTISER.COM


ハワイ州観光局によるとハワイへの観光客数及び消費額ともに
増加傾向にあるとのことだ。

観光客の消費額は、昨年2月の11億1,000万ドルから今年は
12億2,000万ドルへと伸びた。一人あたりの消費額は198ドルとなる。

また2月の観光客数は、675,517人と昨年同月比で7.8%増加。
最大のマーケットであるアメリカ西海岸からの観光客は8.2%の増加し、
239,963人となり、消費額は19.7%の増加している。

日本からの観光客は、3.9%増加し118,926人となっている。

Star Advertiser誌3月28日の記事より抜粋


ari

オアフ島、最大の太陽光発電計画
 
ハワイ 太陽光発電
Department of Hawaiian Home Lands


オアフ島で最大の太陽光発電計画の式典が
カラエロアで行われた。

この計画ではSunPower Corpが36エーカーの土地に、
5メガワットの出力を持つ太陽光発電施設を建設する。

SunPower Corpは、12月からHawaiian Electric Coに売電を開始し、
Hawaiian Electric Coは20年固定で買い取りを行う。

20年間の太陽光による発電量は、40万バレル相当の原油消費量に相当する。

Star Advertiser誌3月8日の記事より抜粋


ハワイのような資源がなく、石油の輸入による火力発電に頼っている場所では、
昔から太陽光などの自然エネルギーに注目されています。

一般家庭の屋根には太陽光パネルが設置されている家を見かけますが、
コスト、効率の問題や、外観の問題で敬遠している家庭もたくさんあります。


ただ発電効率の高い、大規模な太陽光発電施設を、日照時間の多い
西部に作れるなら、人口の比較的少ないハワイ州の電力の大半を、
近い将来賄うことが出来るようになるかも、、


同じような環境の日本と供に、シェールガスやメタンハイドレードに頼らない
自然エネルギーの普及に向け、頑張って欲しいものです。

ari


ホノルルマラソンの経済効果
 
ホノルルマラソン
COURTESY HONOLULU MARATHON ASSOCIATION


ホノルルマラソンにより、1億3,280万ドルの消費が発生したとの
試算がハワイパシフィック大学により発表された。

税収だけで600万ドルに及ぶ。

2,152人の参加者のうち1,569人が日本からの参加者となっている。
これで8年連続で、1億ドル以上の経済効果が発生したことになる。

Star Advertiser誌1月29日の記事より抜粋


参加者一人当たりに換算すると500万円は消費したことになるけど、、
家族も友達も一緒に旅行に来るだろうし、、

経済効果の計算の方法がわかりません。

ari

ハワイの税金、貧困層に高負担
ハワイ 景気  


Institute on Taxation and Economic Policyによると、
ハワイの税負担は、貧困層に対して負担が重くなっている、
逆累進性の課税になっているようだ。

 ITEPの調査によるとアリゾナ、アーカンサス、フロリダ、イリノイ、
ペンシルバニア、ロードアイランド、テキサス、ワシントン州に並び、
逆累進の課税が際立っているようだ。

詳しくはこちらから

Star Advertiser誌1月30日の記事より抜粋


ari

Bank of Hawaii、全米で二位の銀行
 
Bank of Hawaii
2012年、バンク オブ ハワイフォーブス マガジン(注意! リンクを開くと音が出ます)
によって四年連続で
アメリカ資本の銀行100行中資産保有額、
第二位に選ばれた。

ハワイ州内では、ファースト ハワイアン バンクに次ぎ、
2番目の規模のバンク オブ ハワイは、130億ドルの資産を保有し、
全米二番目の規模となった。

ちなみにファースト ハワイアン バンクは、パリに拠点を置く、
BNPパリバグループにより所有されている為、今回のランキングの
対象外となっている。

ボストンに拠点を置く、ステート ストリート銀行が
2,040億ドルの資産を保有し、
前回の14位から1位の座を
獲得した。

Star Advertiser誌1月4日の記事より抜粋 


あまり不良資産を保有していないようですし、
バンコー(Bankoh)、健闘していますね


ari